Home

マレフィセント ネタバレ

マレフィセントのあらすじ(ネタバレなし) マレフィセントのあらすじ(ネタバレあり) 3. ① マレフィセントは善良な妖精で、クリーチャーが平等に暮らしているムーア国の代表として活躍中。. 妖精の国、ムーア国の妖精 マレフィセント は自然に囲まれた美しい世界で暮らしていた。 国は資源に富み、川底には宝石が石ころのように散らばっていた。. 出典:ディズニー・スタジオ公式Twitter マレフィセント ネタバレ 実はマレフィセントは心清らかな妖精であった事が明らかになりました。純粋無垢な妖精が人間によって憎しみと嫉妬を知ります。そしてマレフィセントは、闇の心に囚われた妖精になってしまったのでした。 マレフィセントを「悪者」にしてしまったのは、醜い「人間の心」だったんですね。. マレフィセント ネタバレ ネタバレ注意!今日、映画「マレフィセント」を見てきました。そこで質問があります。この映画ではディズニーアニメーションの眠れる森の美女とは違った結末が用意されていますよね? オーロラとフィリップ王子の出会い方やキスで目覚める相手、それからマレフィセントは死なないなど. 【日本公開】 年(アメリカ映画) 【監督】 ヨアヒム・ローニング 【キャスト】 アンジェリーナ・ジョリー、エル・ファニング、ミシェル・ファイファー、ハリス・ディキンソン、サム・ライリー、ロバート・リンゼイ、キウェテル・イジョフォー、エド・スクライン、MIYAVI、ジェン・マレーほか 【作品概要】 名作ディズニーアニメ「眠れる森の美女」でオーロラ姫に永遠の眠りの呪いをかけたマレフィセントを主人公に、アンジェリーナ・ジョリー主演で実写化した『マレフィセント』()の続編。 前作に続き、マレフィセントをジョリー、オーロラ姫をエル・ファニングが演じます。 イングリス役に『アントマン&ワスプ』()のミシェル・ファイファー。『パイレーツ・オブ・カリビアン 最後の海賊』()のヨアヒム・ローニングが監督を務めました。. 出典:映画『マレフィセント』公式Facebook 昔々、信頼の絆で結ばれた不思議な力を持つ生き物が住む妖精の国と、強欲な国王が治める人間の国が隣り合って存在し、敵対していた頃のお話。 妖精の国では翼を持つ妖精の少女マレフィセント(イソベル・モロイ)が幸せに暮らしていた。ある日、人間の少年ステファン(マイケル・ヒギンス)と出会う。二人は両国の諍いを忘れ友情を育み、成長と共にその友情は恋に変わっていった。そして、マレフィセントの16歳の誕生日に、ステファンは“真実の愛のキス”を贈った。 しかし、それは“真実の愛”ではなかった。やがて野心家のステファンは、人間の世界の欲望に飲み込まれていった。姿を見せなくなったステファンを待ち続けるマレフィセント(アンジェリーナ・ジョリー)は成長し、最強の妖精として妖精の国の守護者となる。. 1) 妖精の国・ムーア国で、マレフィセント(アンジェリーナ・ジョリー)は誕生した。成長していく中で、彼女は人間の子供・ステファン(シャールト・コプリー)と出会い、2人は恋に落ちる。だが、ステファンは王に「マレフィセントを倒した者に国をやる」と言われ、マレフィセントを裏切って、彼女の翼を切り落とす。 2) マレフィセントは裏切られ、失意の中で復讐を誓う。そして、ステファン王の娘・オーロラの洗礼式で、「オーロラが16歳を迎えた日、糸車の針で指を刺し、眠りにつく。目を覚ますのは、真実の愛のキスだけだ」と言い、オーロラに呪いをかける。 3) ステファン王は怯え、部屋にこもるようになる。次第に精神が蝕まれる中、国中の糸車を破棄させるのだった。一方、オーロラは妖精であるノットグラス、シスルウィット、フリットルらに託し、人知れぬ山奥で育ててもらう。オーロラはマレフィセントを慕っていたが、自分に呪いをかけたことを知り、怒りを抱く。オーロラは、父のいる城へと向かうのだった。 4) その城で、オーロラは糸車の針で指を刺して眠ってしまう。マレフィセントは呪いをかけたことを心から悔い、オーロラのことを愛おしく思う。彼女はオーロラにキスをして、オーロラは目を覚ますのだった。 5) 城から出る際、マレフィセントはステファン王の率いる兵に取り囲まれてしまう。襲い掛かるステファン王を振り落とし、マレフィセントは生き残る。そして、オーロラ姫とともにムーア国に戻る。そこでオーロラは、人間の国・妖精の国2つを治める王女となるのであった。.

人間の王国での出世に燃えるステファンの心変わりで、二人は次第に疎遠となっ. この映画はファンタジーですが、人間の世界の現実で起こる「不条理」「愛」「妬み」「恨み」「嫉妬」などの感情を、心の葛藤を見事に描いていたと思います。アンジェリーナジョリー。。顔が怖いw頬骨がすごい。けど、それも役作りなのでしょう。役にはまっており、惹きつけられました。そしてオーロラ姫のかわいらしいこと。あの素直でキラキラしていて愛らしい娘の演技も吹き替えの上戸彩の声もはまっていてステキでした。 あんなに愛した男性に、心から信じた男性に裏切られた時の気持ち・・・・ 眠っている間に、妖精としての羽をもぎとられたんですよ!!痛いだろうし、精神的にもショックだろうし。妖精の気持ちがわからないけど、女性に例えると、胸を両方取られたくらいにショックだったんじゃないか?って思った。(そんなことする男性いないと思うけど)しかも自分の「地位・名誉」を勝ち取るために、簡単に恋し合った女の羽をもいだ男。 王様から「褒美をやる。オマエがワシが死んだあとは王としてこの国を守れ」と言われる。もぎとった羽と引き換えに、男は王様となる。こんなことをされたマレフィセントの怒り、悲しみ、屈辱はハンパじゃないだろう。悲しみに打ちひしがれ、泣き叫び絶叫したところで、私も号泣たらーっ(汗) そりゃ男を恨むでしょう。王様になって王妃と結婚し、赤ちゃんが生まれめでたしめでたしにはさせない!!って思うでしょう!!その怒りの気持ちに共感させられる。赤ちゃんはかわいいしかわいそうだけど、呪いをかけた気持ちは。。。少しわかる気がした。そこで「それはやりすぎたろ!」って思えなかった、悪魔な私。 ひどいことをした男への復讐。。。一番大事なもの。。。愛娘への呪い。。。16歳の誕生日、永遠の眠りを。。。。 けれど16年の間に、マレフィセントはオーロラ姫と接し、話し、一緒にいることで自分でも信じられない感情が芽生える。復讐と憎悪に満ちた彼女の心に、やさしい気持ちが芽生えはじめていることを、最初は認められずにいる。その心の葛藤が、なんともせつない。ちょろっと出てきた王子役の青年のキスで、目覚めなかったオーロラ姫。王子のキスでハッピーエンドにならないところが、アナ雪とかぶる。 ・・・・結局、「真実の愛」とは、男女の勢いだけの「愛してるーーー!」 ということではなく、もっと深く、長く、静かな心の奥からにじみ出るものだと、教えてもら. ヘンリー王(ケネス・クラナム)が治める人間の国は、ムーア国へと侵略しようとする。マレフィセントは、立派な翼を羽ばたかせ、ヘンリー王に襲い掛かる。ヘンリー王は恨みに思い、家臣に「あの化け物を倒した者を、娘と結婚させて王にさせてやる」と宣言する。 ステファンは、再びムーア国を訪れる。敵意がないと見せかけ、ステファンはマレフィセントを安心させる。彼女に飲み物を勧めるが、そこには眠り薬が入っていた。マレフィセントは眠らされ、その間に翼を斬りとられてしまう。 ステファンは、ヘンリー王に翼を見せ、マレフィセントを打ち倒したのだと告げる。ステファンはかくして、王となるのだった。一方、マレフィセントはステファンに裏切られ、翼を奪われたことに激怒する。飛べなくなったマレフィセントは、杖を使い、翼の代わりに命を救ったカラス・ディアヴァル(サム・ライリー) を従える。 ディアバルは、ステファンのことを偵察し、彼が王女と結婚して娘・オーロラ(エル・ファニング)が誕生したことを教える。マレフィセントは、洗礼式が行われる中、オーロラ誕生を祝う人々の中に現れる。そして、ステファン王に対し、「オーロラが16歳を迎えた日、糸車の針で指を刺し、眠りにつく。目を覚ますのは、真実の愛のキスだけだ」と言い、オーロラに呪いをかける。.

こんばんは、Theater733へようこそ! 本日は、映画『マレフィセント』のストーリーを結末までしっかりまとめていきたいと思います。 ネタバレ満載の記事ですので、ネタバレしたくない方はネタバレ無のあらすじ&感想記事↓をご覧ください。 それでは、ネタバレ!結末までのストーリー記事. 有名なおとぎ話である『眠れる森の美女』。そのストーリーを実写化したのが前作『マレフィセント』でした。 しかしディズニーの味付けはひと味違います。通常、眠ってしまったお姫様は王子様のキスで目覚めますが、このオーロラ姫はそれでは目覚めません。 オーロラ姫を目覚めさせたのは、16年間彼女を見守り育ててきたマレフィセントに芽生えた「真実の愛」でした。 男女間の恋愛ではなく、血のつながった親子でもない。そんな新しい愛の形をディズニーは提示して見せたのでした。 その前作を踏まえると、本作の内容も理解できます。 構造としては人間の国VS妖精の国ですが、どちらも一枚岩ではありません。他の民族、種族と仲良くしたい者、過去の因縁のせいで相手を排除したい者。それぞれの中にもさまざまな考え方が存在します。 明確に相手を倒そうとするものが淘汰され、ともに生きようと思う者たちが残ります。一度裏切ったり、違う考え方をしていた者も受け入れる度量の広さ。さすがディズニーです。 そしてビジュアル的にもさまざまな肌の色をした人種が共存し、多様性が感じられる作品になっています。 子どものころからあたりまえのようにこういった作品に触れていると、自然とダイバーシティ感覚が身につくかもしれませんね。. ディズニーで 映画「眠れる森の美女」が上映されたのは1959年です。 日本では皇太子明仁親王(今生天皇)と美智子妃殿下の結婚で話題になった年ですね。 最近ではほとんど無くなった、手作業によって作られた ディズニーアニメーションの最後の作品です。 また、童話を原作とするもので ディズニーの生みの親でもある ”ウォルト・ディズニー” が関わった 最後の作品ともなっています。 出典 Wikipedia 眠れる森の美女 小さいころから親しみのある眠れる森の美女。「茨姫」や「眠り姫」とも呼ばれています。 詳しい内容って覚えていますか?? 簡単にあらすじをまとめてみます^^ というものです。 女の子だったら誰でも憧れるシチュエーションですね^^ マレフィセントは完全に”悪役”として 登場しています。 今回公開される映画『マレフィセント』は彼女の視点からみた 眠れる森の美女の裏の物語です。 私も公開されることになって気づきました。 一体なぜ彼女は生後間もないオーロラ姫に「呪い」をかけたのか?? 映画『マレフィセント』では 呪いをかけた”理由”が明らかになります。. . マレフィセント ネタバレ マレフィセント ネタバレ 『マレフィセント2』を実際に鑑賞した人の感想や評価、口コミはどうなのでしょうか。 『マレフィセント2』は年10月18日に日米同時公開され、 北米では『ジョーカー』のv3を阻止し、日本でも初登場2位の好発進となりましたが、内容については賛否両論の様子。. 「マレフィセント」のネタバレあらすじ 誰もが知っている有名な物語の本当の話を紹介していきます。 強欲な人間が国を仕切っている国と、その側にあった妖精や不思議な生き物が住んでいるムーア国は、とても仲が悪かったのです。. こんにちは! Machinakaです!! この記事では、「マレフィセント2」の4DXネタバレなし感想解説記事を書いています。 目次 ネタバレなしで感想と解説を始めます あらすじ 4DXの概要 これまでの4DX鑑賞歴 マレフィセント2_4DXの期待 映画本編の感想 4DXの感想 ディズニーのサービス精神が4DXに宿る!.

More マレフィセント ネタバレ videos. 出典:映画『マレフィセント』公式Facebook ウォルト・ディズニー創立90周年記念作品でもある『マレフィセント』。ディズニーのアニメ映画『眠れる森の美女』に出てくるオーロラ姫に呪いをかけた悪役(ヴィラン)であるマレフィセントを主役にし、実写映画として作られたこの作品は、主役のマレフィセントをアンジェリーナ・ジョリーが演じることでも当時話題を呼びました。 その結果、年7月5日に公開された日本で、第一週にして50万人を動員し興行収入約7億円を記録し、初登場で1位を獲得。先に公開されていた1位の『アナと雪の女王』を抜く形となりました。更に、公開37日時点で興行収入50億を超え、実写洋画としては『レ・ミゼラブル』以来の快挙を達成しました。 監督は、『アバター』や『アリス・イン・ワンダーランド』などでプロダクションデザイナーを務めたロバート・ストロンバーグ氏。この方はアカデミー美術賞を2度も受賞しています。監督としてはこの『マレフィセント』がデビュー作品となりますが、映像の色彩や構図などの美しさを観ると、その実力が生かされていることが分かります。. 出典:ディズニー・スタジオ公式Twitter 誰もが知っているからこそ、どんな違いがあるのか、どんなストーリーになっているのかという興味と期待を掻き立てられたのではないでしょうか。.

See full list on eigahitottobi. 映画『マレフィセント2』の感想やネタバレをチェック! マレフィセント2 ヨアヒム・ローニング監督. 前作「マレフィセント」の基本ストーリーは、よく知られた童話「眠れる森の美女」です。 まずは前作のおさらいから。 前作「マレフィセント」のネタバレ. 出典:ディズニー・スタジオ公式Twitter 映画ポスターなどからでも分かるように、外見からして主役のマレフィセントの完成度の高さを感じられ、更にはアンジェリーナ・ジョリーの演技力や演出の素晴らしさで完璧な作品となっていたのではないでしょうか。.

妖精の国・ムーア国で、マレフィセント(アンジェリーナ・ジョリー)は誕生した。成長していく中で、彼女は人間の子供・ステファン(シャールト・コプリー)と出会う。ステファンは、妖精の国に宝石を盗みにやってきたのだった。 ステファンと仲良くなり、マレフィセントは一緒に遊ぶようになる。16歳になった頃には、互いに恋心を抱くようになり、ステファンは「真実の愛のキス」を捧げる。だが、ステファンは貧しい家庭に育ち、野心を抱いており、マレフィセントは手痛い仕打ちを受けることになってしまう。. (C) Disney Enterprises, Inc. 出典:ディズニー・スタジオ公式Twitter 国王になったステファンと妃の間に女の子オーロラが生まれる。それを知ったマレフィセントは、招待されていない祝賀会に姿を現す。うろたえるステファンをよそに、マレフィセントはオーロラにお祝いを贈ると言う。 「とても美しく優しい娘に育ち、あらゆる人から愛されるであろう」と言うマレフィセントだったが、「しかし、16回目の誕生日の日が沈む前に王女は糸車の針で指を刺すだろう。そして死んだように眠りにつくのだ」と呪いをかけるのだった。 許しを請うステファン王だったがマレフィセントは、「王女を死の眠りから目覚めさせることができるのは、それはただ一つ“真実の愛のキス”」「如何なる力にも変えられない」と呪いをかけて去っていくのだった。.

出典:映画『マレフィセント』公式Facebook 単なるおとぎ話で終わらない『マレフィセント』。大人でも楽しめる映画であることが分かって頂けたのではないでしょうか。もちろん子どもが楽しめるようにテンポも良く1時間半程にまとめ上げられ、凝縮された作品となっています。 10月の『マレフィセント2』公開前に、まだ『マレフィセント』を観てない方は一度ご覧になってみてはいかがでしょうか。. 917億ドルとなってい. アンジェリーナ・ジョリーが主演を務めたことで話題となった『マレフィセント』の続編『 マレフィセント2 』。 今回は、映画『マレフィセント2』の作品概要・あらすじ・ネタバレ・感想・視聴方法をご紹介します。. なぜ童話は時を超えて人を魅了するのか? 場面の提示:妖精時代; 発展:アニムスとの出会い; クライマックス:魔女というペルソナの葛藤. Don’t be afraid: Maleficent is coming to Blu-ray & Digital HD Nov 4! 夜の森、怪しげな男たちが妖精狩りにやってきています。マレフィセントは男ふたりを捕らえて殺しますが、ひとりは逃げのび、城の裏口でだれかにキノコ頭の妖精と精霊の花を渡しています。 朝、ムーア国の女王オーロラは、からかう妖精たちに冠を奪われ、追いかけているうちに水に落ちてびしょぬれに。 そこへアルステッド国のフィリップ王子が現れます。実は妖精たちが協力して、ここでふたりが会うように仕向けたのです。フィリップはそこでオーロラにプロポーズをし、オーロラはすぐに「イエス」と返事をしました。 でも大変なのはこれからです。マレフィセントはオーロラ以外の人間を信用していませんし、アルステッドの兵士たちもムーアの妖精たちをよく思っていません。 フィリップの父ジョン国王は平和を愛する人物でふたりの結婚に大賛成ですが、妻であるイングリス王妃は城の地下で秘密裏に武器を作らせていて、いつムーアと戦争になってもいいように備えています。 ある日、婚礼に先立って両家揃っての晩餐会が催されることになりました。オーロラは、少しでも良い印象を与えようとマレフィセントの角にヴェールをかけて隠すことにしました。 国王と王子はなごやかに話していましたが、王妃はことあるごとにイヤミな発言をしてマレフィセントを苛立たせ、ついにマレフィセントは翼を広げて魔法を使ってしまいます。 あとに引けなくなったマレフィセントは、窓を破って外へ飛び出します。王妃の忠実な部下ゲルダは、遠ざかるマレフィセントに向けて鉄の弾を撃ち込み、海に落ちる姿を確認しました。 しかしその後、羽を広げた何者かが海に飛び込み、マレフィセントを抱えて飛び去っていくところをゲルダは目撃しました。 ケガを負ったマレフィセントが目を覚ますと、そこは巨大な鳥の巣のような場所でした。周囲を調べるうちに、そこは自分と同じような羽を持つ闇の妖精たちが暮らす島だということがわかりました。 彼らは人間が近寄れないこの島で身を寄せ合って暮らしています。マレフィセントを助けたコナルは人間との友好を模索し、一方血気盛んなボーラたちは戦いを望み、ジョン国王やイングリス王妃、フィリップ王子の殺害を考えていました。 この島でマレフィセントは傷を癒やし、闇の妖精たちの暮らし.

映画「マレフィセント2 」ネタバレあらすじとラストまでの結末・動画やみんなの感想を掲載。起承転結でわかりやすく徹底解説しています。マレフィセント2 のストーリーの結末・感想や感想を含んでいるので、観ていない方はご注意ください。この映画のカテゴリーは ファンタジー映画 です。. 出典:ディズニー・スタジオ公式Twitter オーロラを育てる3人の妖精たちは、仲がいいんだか悪いんだか分からないけれどいつも一緒です。そして、この3人の妖精にマレフィセントがいたずらでちょっかいを出す辺りは、マレフィセントの意地悪だけどお茶目な性格を感じさせます。 そして、 カラスのディアヴァルは、そんなマレフィセントを一番傍で見ている存在です。素直になれないマレフィセントを理解し、恐れない存在として良いパートナーになっていきます。妖精の国で妖精たちとオーロラが泥あそびで泥のぶつけ合いをした際、傍で見ていたマレフィセントに泥が当たります。妖精たちは恐れおののきますが、マレフィセントの本当の心を知るディアヴァルは、一人笑うのです。 3人の妖精にいたずらをしかけるお茶目なマレフィセント、という思わず微笑んでしまうようなシーンや、周囲からは恐れられてばかりいるマレフィセントの事を唯一理解してくれているディアヴァルとの関係性なども必見です!. ディアヴァルはステファンが人間の国の王となり、王妃との間に王女・オーロラが生まれたと報告しました。 マレフィセントはオーロラの洗礼式に行き「16歳の誕生日日没までに、糸車に指を刺されて死の眠りにつく」という呪いをかけます。呪いを解くカギは『真実の愛のキス』だとマレフィセントは言いますが、彼女自身はステファンに裏切られた過去から、真実の愛などないと思っていました。 ステファンは国にある糸車を全部燃やし、オーロラを洗礼式でお祝いにやってきた3人の妖精に預けて育てさせます。マレフィセントは3人の妖精の友人なので、オーロラが預けられたことも知っていました。 呪いをかけたもののオーロラが気になるマレフィセントは隠れて見守り、うっかり者の3人の妖精の代わりに、ここぞという時にはディアヴァルと共に手助けをします。 オーロラは影で見守る存在を勘付き、マレフィセントと会うと『妖精のゴッドマザー』と呼び喜びました。自分を信じて慕うオーロラと接し、マレフィセントは呪いを悔やみますが、もう解けません。 マレフィセント ネタバレ 16歳直前のオーロラは隣国の王子・フィリップと出会い、フィリップはオーロラに一目惚れしました。. 映画『マレフィセント2』は年公開のアメリカ映画です。 興行収入は4. アンジーは マレフィセント メイクのせいか、頬骨が物凄く気になりました。 では、以下詳しい感想に参ります! ここから先は『マレフィセント2』のネタバレを含みます! まだご覧になっていない方はご注意を!! 感想(ネタバレ) やっぱりフィリップは. 有休でマレフィセント2を観てきた。 歳をとる度に美しくなるアンジーにひたすら見惚れる。髪を下ろした瞬間は、美しすぎて息が出来なくなった。 内容的にも前作よりぐっと面白く感じた。. 深い悲しみの中オーロラは父親だと知ったステファン王を訪ね城に戻っていってしまいます。城に戻ったオーロラをステファンは歓迎せずに部屋に閉じ込めてしまいました。オーロラを失ってしまうのではないかという恐怖とマレフィセントへの憎しみがステファンの心を蝕んでいました。ステファンは病床の王妃を看取ることなくマレフィセントを倒すための武器を開発するのに没頭しています。 その頃オーロラが心惹かれているフィリップの存在を知ったマレフィセントはフィリップを連れ城に向かいます。やがて呪いの力に導かれ、糸車に刺され眠ってしまったオーロラを起こそうとフィリップはキスをしますが呪いは解けず目を覚ましません。やはり真実の愛などないと絶望したマレフィセントは懺悔し命あるかぎりオーロラを守り続けると誓い、オーロラの額にキスをしました。するとオーロラが目を覚まします。マレフィセントが気づかない間にマレフィセントの中のオーロラへの愛が真実のものへと育っていたのです。 そこへ兵器を手にしたステファンが襲いかかってきます。激しい激闘の中、オーロラは城の中でかつて奪ったマレフィセントの翼を発見しマレフィセントに返します。翼が戻った事で強大な力を取り戻したマレフィセントは王の兵士達を一掃しました。かつての情から追い詰めたステファンの命までは取らず飛び去ろうとしたマレフィセントに彼女の情を無視したステファンは飛びかかります。そしてステファンはもつれあった末命を失ってしまいます。王を失った人間の国と妖精の国は新しく即位された若き女王オーロラによって統合されました。その傍らではマレフィセントとディアヴァルが王女となったオーロラを見守っていました。 以上、映画マレフィセントのあらすじと結末でした。 続編「マレフィセント2」のネタバレあらすじはこちら。. See full list on eiga-watch.

出典:映画『マレフィセント』予告編 映画『マレフィセント』がどんな話なのか気になる方のために、まずは簡単に『マレフィセント』のあらすじを説明すると という展開で、今までのディズニー映画で描かれてきた王道的な「お姫様と王子様」の物語という訳ではありません。 人間に裏切られ、一度は信じる心を失ってしまった妖精が、オーロラという少女に出会ってその心を取り戻していくまでの流れをドラマチックに描いた作品。「王子様とお姫様」の間に芽生える「愛」とはまた違った、友愛や親子愛にも近い「真実の愛」がテーマの作品なのです。. All Rights Reserved. . マレフィセント2のネタバレ解説と評価! ここからは『マレフィセント2』をネタバレで解説していきます。 まずは作品情報とキャストから! 作品情報とキャスト. アンジェリーナ・ジョリーのハマり役となったマレフィセント。実生活で養子・実子含め多くの子どもを育てるアンジーは、ただ美しく恐ろしいだけではない、母性を感じさせるマレフィセントにピッタリです。 オーロラ姫を演じるエル・ファニングも愛らしい美しさの中に強さを感じさせ、これからますます活躍が期待される若手女優です。 そして、実は一番のヴィランだったイングリス王妃役のミシェル・ファイファー。 『恋のゆくえ/ファビュラス・ベイカー・ボーイズ』『恋のためらい/フランキーとジョニー』など、ラブストーリーのヒロインを演じていた美人女優というイメージが強かったのですが、あのころから30年。良い感じに年を重ね、品のあるお母様になりました。 『マレフィセント2』は、この3人の女性たちの活躍を楽しむ映画です。でも「女性」という言葉を打ち出すのは逆に違うのかもしれません。 性別や人種などにとらわれず、それぞれが輝く世界。それこそがディズニーの目指すものなのでしょう。. マレフィセントは、復讐を果たすべく「16歳の誕生日の日没までに、糸車に指を刺されて死の眠りにつく」という呪いをオーロラにかける。 必死で許しを乞うステファンを見たマレフィセントは、その呪いが真実のキスで解けるという条件を付けたした。. 映画『マレフィセント2』の感想&考察です。前半はネタバレなし、後半からネタバレありとなっています。 原題:Maleficent: Mistress of Evil 製作国:アメリカ(年) 日本公開日:年10月18日 監督:ヨアヒム・ローニング.